外壁塗装は湿気や地震などから家を守るための必要なメンテナンス

綺麗な外壁の家々

外壁塗装を行わないで節約になる考えは危険!

コスト

外壁塗装を行わないことで節約につながるというのは、かなり危険な考え方と言えます。
では、外壁塗装を行わず放置した場合、どれくらいのコストがかかってきてしまうのでしょうか?

外壁塗装を行わない場合のコスト

最初は外壁塗装を行わないとコストがかかることはありません。そのため、節約につながると考えてしまう方も多いでしょう。
しかし、外壁塗装を行わなかった場合、外壁の劣化スピードが早くなってしまい、機能も低下してしまうため、外壁の内側にある断熱材や家の基礎部分にまで影響が及んでしまう可能性があります。
断熱材の補修や基礎部分の補修は全て外壁塗装工事とは別になり、解体も含めると合わせて300万円前後は最低でもかかってしまうでしょう。

家を建て替えなくてはいけなくなるかもしれない

家を守っていた外壁を放置していた結果、先程も書いたように基礎部分にも影響が出てしまいます。
その結果、家に住み続けられなくなり解体・新築工事を行っていく必要が出てくる可能性があります。

解体工事はおよそ150万円~300万円程度かかり、新築を建てる場合は最低でも1500万円はかかってしまいます。
外壁塗装を放置すると、最悪家を建て替えるまでになるため、外壁塗装をしないということは将来的に節約にはつながらないのです。