外壁塗装は湿気や地震などから家を守るための必要なメンテナンス

綺麗な外壁の家々

外壁・屋根塗装を怠ることによる雨漏りの危険性

雨

外壁・屋根塗装を怠ることによる雨漏りの本当の危険性を知っていますか?
特に困っているわけでもないので、雨漏りが発生していてもそのまま放置しているという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、雨漏りは放置していると最終的に様々な影響を及ぼしてしまいます。

家の耐久性低下につながる

外壁や屋根にヒビが入っていて、そこから雨水が侵入していくと、まず最初に起こるのがシミです。
天井や壁にシミができている場合、雨漏りが発生している可能性があります。

この時点では、あまり大きな被害になっているわけではないので放置してしまいやすいのですが、ここで放置すると湿気の影響からカビが発生したり、木材を腐食させてしまったりするため、家の耐久性低下につながるでしょう。
もちろん、これは木造の家だけで起こることではなく、鉄骨建築だったとしても湿気の影響からサビができやすくなり、耐久性の低下につながってしまいます。

漏電による火災被害も!

また、雨漏りによって水が電気の通う場所、家電製品やブレーカーなどと接触すると漏電を起こしてしまう可能性があります。
漏電によって火災が発生するケースもあり、もし火災にならなくても家電製品が漏電の影響で動かなくなってしまうこともあるでしょう。
このように、外壁・屋根塗装を行うことで、雨漏りを防がないと様々なリスクが出てきます。