外壁塗装は湿気や地震などから家を守るための必要なメンテナンス

綺麗な外壁の家々

どれくらいの頻度で外壁塗装を行うべき?

ペイント

家を建てたのなら、将来必ず外壁塗装が必要となります。
家を建てたばかりでは、そこまでのことを考えたくないと思いがちですが、外壁塗装で使用する塗料には耐用年数があるので、それを過ぎてしまうと様々な問題が起こることもあるのです。

塗料ごとの耐用年数について

外壁塗装に使用される塗料にはいくつか種類があるので、それぞれの耐用年数について紹介します。
・アクリル塗料:約4~7年
・ウレタン塗料:約6~10年
・シリコン塗料:約8~15年
・ラジカル塗料:約8~15年
・光触媒塗料:約10~15年
・ピュアアクリル塗料:約12~15年
・フッ素塗料:約15~20年
・遮熱系塗料:約15~20年
となっており、種類によって耐用年数に大きな違いが見られます。

外壁塗装を行う頻度について

上記の耐用年数を見ると、外壁塗装は10年に1回のペースで行えばいいことがわかります。
ですが、耐用年数は目安となっているので、家が建っている地域の特徴や状況によって、耐用年数に違いも出てくるでしょう。
そのため、定期的にメンテナンスをすることが大切です。
家を建ててから8年目あたりで点検を行い、外壁に大きなトラブルがないか確認をして、異常があった場合には早めと外壁塗装の工事をすることをオススメします。